優良なFX業者を見極めるポイント

FX初心者から中級者の方向けの情報サイト

>

FXにおける業者と利用者の利害関係とFXの構造

業者との利害関係を把握した上で取引を行う

FXを行う上で留意しておかなければならないのは、利用者と業者の利害関係です。
国外FXの場合、取引の手数料が業者の利益になりますが、国内FXの場合は、利用者の損益が利益になるため、利用者と業者との間で利害関係が成立してしまうのです。

そのため、国内の業者は損益を出さない様に専門のトレーダーを雇っていますし、悪徳業者に至っては、ツール上の為替情報を含む数値を意図的に操作するなどしてFXをギャンブル化してしまっているわけです。

裏を返せば、国内FXにおいては業者が潜在的な競争相手である一方で、安全性の確保が難しい反面、国外FXにおいては業者と利用者には利害関係が生じないため、FXで高額の金銭を得ることを目指すのであれば、国外FXを取り扱う国内業者或いは、国外の業者を選ぶ必要があります。

安全?危険?無登録業者

無登録業者とは日本国内において金融活動を行う業者のうち、金融庁が未登録の業者を指します。

未登録=危険と考える方もおられるかもしれませんが、例外もあり日本以外の国で金融ライセンスを取得済みの業者の場合は、国外の金融機関であり、一定の信頼がおけます。
逆に、金融取引を行う上での身分証明である金融ライセンスを保持していない業者や、ライセンス番号の盗用や社名の無断使用を行っている業者は、自動的に悪徳業者と判断できるわけです。

金融庁は無登録業者を一律に発表していることから、無登録業者の利用はリスキーです。
しかし、国内の登録業者を利用した場合、国内FXであれ国外FXであれ、コストがかさむため、国外FXをローコストで利用したいのであれば、国外の金融機関を母体とする無登録業者を探す必要があるでしょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる