優良なFX業者を見極めるポイント

FX初心者から中級者の方向けの情報サイト

>

FXで利益を出すための知識とリスクとリターンに応じた業者選び

ローリスクなFXの運用と業者の選定

国内国外、二種類の運用先があるFXですが、基本的には国内取引が安全です。
理由はシンプルで、FX詐欺の比率と総合的な英語力を必要としない点に尽きます。

基本的にどのような分野においても詐欺はつきものですが、国内に比べて国外の詐欺が多いのは、単純に選択肢が増加するため必然的に外れの選択肢である詐欺に遭遇する確率が上昇するためです。

また国外FXの場合一定水準の英語力が要求されます。初心者であれば不慣れな作業と不得手な外国語の二重苦に苛まれながらでは成功はより難しくなります。

国内取引の場合、収益性は大幅に低下し、ローリターンではありますが、少なくとも日本語で対処できるため、初心者の方や英語に自信がない方には、ローリターンでもローリスクな国内取引の方が安全です。

以上の点を考慮すればローリスクなFX運用を目的とする場合、国内の業者を中心に業者を選定するのが、一定の安全を確保する上でのコツとも言えます。

FXでハイリターンを得るための業者選び

リターンの大きさを考えた時、国内FXと国外FXでは国外FXに軍配が上がります。
国内FXは安全性が高い反面、国内法とシステム構造の違いから利益を上げることが難しいためです。

国内FXと国外FXの最大の相違点は、利用者の損益が業者の利益につながるか否かの一点に集約されます。
国内FXが利用者の損益が利益になる仕組みであるのに対して、国外FXは取引手数料、即ち運用金額の大きさが利益となる仕組みとなっているのです。

貴方が英語に堪能である場合や、国外大手金融を母体とする安全性の高い国外業者を選ぶことができれば、ある程度の安全マージンを確保した上で利益率の高い国外FXを行うことも可能でしょう。

つまりハイリターンな取引を行いたいのであれば、同じ国内業者の中でも国外FXを取り扱う業者が選択肢となり得ますし、国外業者の場合はより信用のおける、大手金融を母体とする業者を選ぶことがポイントとなります。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる